現場でSFAを活用するために

SFA導入で失敗しないためには、まずSFAの使い方を理解しておくことが重要です。
営業支援システムとして多くの企業で導入されているSFAですが、あまり理解していない状態で導入しても効果はありません。
SFAは営業組織が持っている情報を管理・共有・分析するためのツールですので、まずはその特性を理解しておきましょう。
SFAはリアルタイムに入ってきた案件情報を即座にメンバー間で共有できるだけでなく、それらの情報を集計して分析することで新たるアプローチを行ったり、なにもされないまま放置している案件の確認漏れを防ぐことも可能です。
たくさんの営業情報を累積し、分析することで、既存顧客や見込み顧客に対しての強い武器となることでしょう。
しかし、SFAを導入すれば誰でもすぐにそのようなことができるわけではありません。
SFAはあくまで管理ツールであり、それをもとに分析やアプローチなどを実行に移すのは利用する人次第です。
利用する側にそれ相応のスキルがなければ成果には繋がらないことを注意してください。