SFAで失敗しないために気を付けるべきこと

手軽に管理できて業務を効率化できるのが魅力のSFAですが、導入を失敗するケースは珍しくありません。
実際に導入してみたら今まで通りの方法が楽だった、という声が聞こえることも少なくないのです。
これまでSFAのような管理ツールを使用していない現場であれば、まずシステムに情報を入力する、という作業が煩わしく感じてしまいます。
一度入力してしまえばその後はとても簡単ではあるのですが、その入力作業で時間がかかって本格導入に進まないといったことはあり得ます。
そのような場合、データ入力作業を営業スタッフとは別のスタッフに任せる、入力項目を必要最低限に絞るなど、作業の手間を減らしてみましょう。
状態は担当するスタッフが自らの案件の必要な項目をしっかりと入力していくことがベストではありますが、慣れないうちは他のスタッフに任せることも良いかもしれません。
入力作業に時間をとられて他の重要な作業が滞ってしまう、という事態は避けなければいけないので、その現場に合わせて臨機応変に対応していきましょう。